乳がんで苦しむ人をなくしたい

私たちNPO法人埼玉乳がん臨床研究グループ(SBCCSG)は1999年から活動を開始し、
2006年にNPO法人となりました。
現在は埼玉県内33の病医院から医師60名が所属しています(2014年4月現在)
私たちの活動の柱は多施設臨床研究と一般の方を対象とした啓発活動です。
啓発活動としては「乳がん市民フォーラム」、「乳がん無料相談会」、「講演DVD無料貸出」、
「最新の乳がん情報(小冊子)」などがあります。
乳がんでお悩みの方、是非私たちの活動をご利用ください。

一般のかたを対象とした活動

乳がん
市民フォーラム
詳細はこちら
乳がん
無料相談会
詳細はこちら
講演DVD
無料貸出
詳細はこちら
最新の
乳がん情報
詳細はこちら

などがございます。是非、ご利用下さい。

いま「乳がん」が増えてきています!

いま「乳がん」に罹患する人が大変増えています。
それも30歳から64歳までの人達の罹患率が最も高く、またこの世代の女性のがん死亡の原因として最も多い病気なのです。
つまり、育児、家事、仕事などなど最も忙しい年代の女性の病気なのです。乳房の自己検診(図参照)と年に一度の乳がん検診が必要なことを、あなたのお母さんに、奥様に教えてあげてください。

イメージ